詳しくはこちらをご参照ください:教育勅語問題を考える