お知らせ

  • HOME »
  • お知らせ

東北大学大学院教育学研究科教員の公募

東北大学より、東北大学大学院教育学研究科教員の公募についての案内が届いております。
■職  種:特任准教授もしくは特任講師
■募集人員:上記いずれか1名
■応募締切:平成30年10月31日(水)必着
詳しくはこちらの資料をご覧ください。

第62回大会ホームページ開設のお知らせ

教育史学会第62回大会のホームページが開設されました。こちらをご覧下さい。

研究発表をご希望の方はホームページの「研究発表申し込みフォーム」に必要事項を入力し、送信してください。

 教育史学会第62回大会は、2018年9月29日・30日、一橋大学(東京都国立市)を会場に開催されます。

公益財団法人前川財団「第8回未来教育シンポジウム」のご案内

公益財団法人前川財団より「第8回未来教育シンポジウム」の案内がありましたのでお知らせいたします。

詳しくはこちらをご覧下さい。

公益財団法人前川財団の「平成30年度家庭・地域社会教育の研究・実践助成事業」のご案内

公益財団法人前川財団より「平成30年度家庭・地域社会教育の研究・実践助成事業」の案内がありましたので、お知らせいたします。

平成30年度 公益財団法人前川財団 家庭・地域教育研究助成募集概要

[助成対象] 家庭・地域社会の教育についての学術的・文化的な研究及び実践活動。とりわけ日本の伝統的な子育てを現代に活かし、地域共生社会の実現に向けた子育て環境の改善、新しい時代に即した教育活動の創生をめざす研究及び実践を対象とします。

[応募資格] 【公募】大学・短大・幼稚園・保育所等の法人、または実体のある任意団体に所属する研究者(大学院生以上)、代表者。

[助成総額] 2,200万円(1件につき上限100万円まで)を予定

[募集期間] 2018年8月1日(水)~8月31日(金)17:00まで *選考期間は、2018年9月1日~9月下旬

[助成期間] 2018年9月下旬(予定)~2019年7月31日(水)まで

申請方法等詳しくは、公益財団法人前川財団のホームページをご参照ください。

『教育史研究の最前線Ⅱ―創立60周年記念―』の刊行について

2018年5月に教育史学会創立60周年記念出版『教育史研究の最前線Ⅱ』(六花出版)を刊行し、前年度(第60回大会年度)会費を納入済の会員の皆様に1冊ずつお送りいたしました。
会員以外の方、とくに教育史研究に関心をもつ学生、院生の皆さんへの紹介、勤務先の図書館への納本など、本書の普及にご協力くださいますよう、お願いいたします。

なお、六花出版では会員への特別価格販売を行っています(定価2,500円を2,000円にて販売)。直接、六花出版に連絡し、「教育史学会員」である旨を伝えてご注文下さい。六花出版のホームページの「お問い合わせ」フォームからメールで注文するのが便利です。私費の場合はコレクト便、公費扱いの場合は後払いもできますので、必要書類・宛名等をお伝えください。

「西村茂樹研究論文」募集のお知らせ【12/13〆切】

公益社団法人日本弘道会より、「西村茂樹研究論文」募集の案内がありましたので、お知らせいたします。

■募集対象者:近代史、近代思想史、倫理学、道徳教育、経済史等の研究に携わっている研究者
■募集締切:2018年12月13日

応募要項等詳しくは、公益社団法人日本弘道会のホームページをご参照ください。

国際教育史学会第40回大会(2018年8月29日~9月1日)への若手会員の派遣について

 2018年3月の理事会において、2018年8月29日~9月1日にベルリンで開催される国際教育史学会第40回大会への若手会員の派遣を決定しましたので、派遣を希望する会員は、「教育史学会若手会員派遣プログラム規程」および下記の「第1回教育史学会若手会員海外学会派遣プログラム実施要領」をご参照の上、所定の手続きをお願いいたします。
 これは「教育史学会若手会員海外学会派遣プログラム規程」の付則に「第62回大会年度に派遣する第61回大会年度中の派遣会員募集より施行する」と規定している施行時期を1年早めて実施するもので、付則の改正(「第62回大会年度に派遣する」の削除)については、第62回大会年度総会に諮ります。

 
    「第1回教育史学会若手会員海外学会派遣プログラム実施要領」

1.この「プログラム実施要領」は、「教育史学会若手会員海外派遣プログラム規程」に基づき、2018年度に開催される国際教育史学会(International Standing Conference for the History of Education)8月のベルリン大会で発表することを希望する教育史学会会員のためのプログラム実施要領である。
 2.派遣を希望する会員は、発表題目、発表要旨(1,200字程度)、往復渡航費等の諸経費概算を記載した応募書類を、2018年6月末日までに学会事務局に届け出なければならない。
 3.届け出を受け、国際交流委員会は派遣会員を選考する。
                                  
                                                                    

第5回日本仏教教育学会研究会のご案内

2018年3月25日(日)に第5回日本仏教教育学会研究会が開催されます。

日時:2018年3月25日(日)14:00~17:00
会場:駒澤大学会館246 7階会議室
参加申込:申し込み不要・先着順100名

課題:仏教教育学の今日的課題
   「特別の教科 道徳」をめぐって――仏教教育学の立場から

報告:「道徳教育において宗教的教育はどこまで可能か」
     相澤伸幸(京都教育大学)
   「社会教育としての仏教教育と道徳教育」
     小池孝範(秋田大学)
   「公教育における仏教精神実現の可能性」
     田中潤一(大谷大学)

1 2 3 21 »

事務局連絡先

〒102-8554
東京都千代田区紀尾井町7-1
上智大学総合人間科学部
湯川嘉津美研究室気付
教育史学会事務局
mail@kyouikushigakkai.jp
(@全角を半角に直して送信ください)

PAGETOP
CopyRight©教育史学会 All rights reserved.

累積閲覧数:172819